横浜市港北区で主に自然周期・低刺激法による体外受精を行う不妊治療専門クリニック|不妊外来

不妊治療・体外受精・顕微授精・胚凍結

なかむらアートクリニック

〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜2-5-14 WISE NEXT 新横浜 9F

●受付時間
9:00〜12:00/13:15〜15:00(月・土)
9:00〜12:00/14:45〜18:00(火・水・木)
9:00〜12:00(金)

初診予約の際は、予約フォームのご利用をお願いしております

一般不妊治療で妊娠しない場合

考えられる不妊原因

  • タイミング法や人工授精で妊娠しない場合、これらでは問題の解決にならいない他の不妊原因があると考え、治療法の変更を早めに考慮する必要があります。
  • 若い年齢の方では、卵管采における卵子のピックアップ障害受精障害が考えられます。
  • 他には加齢による卵子の質の低下、様々な原因による精子の質の低下が考えられます。
ピックアップ障害

女性の不妊原因の中で卵管因子(卵管閉塞や卵管水腫、卵管周囲癒着など)は最も頻度が高く、その病態も多様です。ピックアップ障害とは卵管采で卵子と精子が出会うことが極めて少ない病態と考えられています。

受精障害

精液検査は必ずしも、精子の受精能を反映しておりません体外受精を受けるまでは、受精障害かどうかは分かりません。ただし、WHOの正常下限値を下回る場合、精子の受精能が低下している可能性が高くなります。体外受精を受けて判明する不妊原因が受精障害です。体外受精において受精率は一般に70〜80%程度ですが、著しく受精率が低い症例は受精障害と診断されます。

卵子の質の低下
精子の質の低下

 不妊原因の半分は男性側に原因があります。異常受精や受精卵の発育不良、初期流産の原因に、卵子の質の低下加齢の影響)のみならず、精子の質の低下喫煙、加齢、高熱環境などの影響)が大きく関与します。喫煙により精子の質は低下します。

院長  中村 拓実

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

受動喫煙の心配がなく、安心して子育てができる社会環境づくりをめざして