横浜市港北区で主に自然周期・低刺激法による体外受精を行う不妊治療専門クリニック|不妊外来

不妊治療・体外受精・顕微授精・胚凍結

なかむらアートクリニック

〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜2-5-14 WISE NEXT 新横浜 9F

●受付時間
9:00〜12:00/13:15〜15:00(月・土)
9:00〜12:00/14:45〜18:00(火・水・木)
9:00〜12:00(金)

初診予約の際は、予約フォームのご利用をお願いしております

当院ARTの特徴

当院ARTの特徴

卵胞期の管理

良好な卵子を得るために、卵子が卵巣の中で成熟していく卵胞期の管理から始めます。特に最後の2ヶ月間が重要です。本来体内に存在しないhCGホルモン製剤を使用せず、自然に近い状態で排卵を促す方法を取り入れております。

卵巣刺激法

 主に自然周期低刺激法を中心とする体外受精を行います。特に、卵巣機能が低下したケースでは周期毎に卵巣の状況が変化しますので、ケース毎に柔軟に対応します。

採卵

極細針を使用しますので痛みや出血は軽度です。全身麻酔処置は必要ありません。身体に大きな負担をかけず通常数分間で採卵が完了します。短時間の安静時間(10分~40分)で帰宅します。

胚移植

 体外で育てた胚を子宮に戻します。カテーテルという細い管を用いて経腟超音波で確認しながら子宮の底部に移植します。尿を貯める必要はありません。何らかの理由で子宮内膜に問題がある場合は胚を凍結保存し、子宮内膜が良好な周期に移植します